サイバーセキュリティシンポジウム道後2020(SEC道後2020)

開催趣意

  2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。世界最大級のスポーツイベントであるオリンピック・パラリンピックは、全世界から注目を集めることから、過去大会においてもサイバー攻撃の標的となっています。 幸いにもこれまでの大会では、一般市民に見える形での被害には至っていませんが、テロとも言えるその手口はますます巧妙化し、被害も大規模化することが懸念されています。政府をはじめとする関係機関は連携し、その対策に取り組んでいます。 広くサイバー攻撃全般に目を向けると、攻撃の目的が多様化しています。かつては攻撃者が、その技術的優位性を見せつけるといった愉快犯的な攻撃が大半でした。近年ではネットの普及に伴って、経済的な利益を得ようとする攻撃が急速に増加しました。また、ハクティビズムを動機とした攻撃、更には、国家が主体として行っていると疑われる事例も発生しています。その攻撃対象は個人を狙ったものから企業・団体・政府組織を狙ったものまで幅広く、多岐にわたっています。

   攻撃手法の日々進化と、社会におけるICTの普及により、セキュリティ脅威はますます巧妙化・複雑化しています。あらゆるモノと人がつながるIoTの普及が、利便性の拡大・向上と引き換えに、脅威の影響範囲と深刻度の拡大につながっていることなども、その事例といえます。実際にIoT、仮想通貨を含むFintech、重要インフラ、サプライチェーンを狙った攻撃等により、情報漏えいに加えて、直接的な金銭被害、業務・サービス障害が国内外で生じており、経済社会の持続的な発展や国民生活の安全・安心等が脅かされています。

   サイバーセキュリティシンポジウム道後実行委員会では、情報セキュリティの重要性について広く普及・促進を図り、また、地域におけるサイバーセキュリティ関係の啓発や人材育成に繋げるため、毎年全国のサイバーセキュリティに造詣の深い方々を幅広く招聘し、サイバーセキュリティシンポジウム(SEC道後)を開催しています。9回目となるSEC道後2020では、「東京オリンピック・パラリンピックとその後を見据えたサイバーセキュリティ」をテーマに、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて高まっているサイバー空間での危機の具体とその対策、また、大会終了後も見据えた、持続的な対策など、サイバーセキュリティのあり方について、サイバーセキュリティ政策、サイバー攻撃に対抗する技術や事例等について多様な側面から議論を深め、対策等につなげる機会にしたいと考えています。

   また、参加者同士の連携を深め、人的ネットワークの形成を図るため、講演に加えて、議論の場や懇談の場を設け、日本におけるサイバーセキュリティに関わる様々な情報交換の場を提供いたします。 さらには、ICTを利用する立場の企業や団体の方々を対象とするセミナー・講演、学生を含む多くの方々にサイバーセキュリティ対策を体験的に学んでいただくハンズオンセミナーを実施し、啓発と人材育成にも努めています。 サイバーセキュリティシンポジウム道後が、安全で便利な高度情報通信社会の構築と地域の発展に役立てることを祈念し、皆様方からのご支援、ご高配を賜りますことをお願い申し上げます。


令和元年11月
サイバーセキュリティシンポジウム道後実行委員会 委員長
        愛媛大学大学院 教授 小林 真也



PAGE TOP